わたしはどうしたい?

 

 

わたしはどうしたい?

 

最近ますますそれが聞かれている気がする

 

 

 

 

わたしはどうしたい?

 

子どものころはそんなの考えなくてもできてたこと

 

いつのまにか難しくなっている

 

 

 

 

なんでだろ?

 

普通は、とか

お金が、とか

そんなのやったら、とか

 

言われちゃう、って

勝手に自分で制約を作る自分がいる 笑

(ここトリック!笑)

つまり、結局自分でつくってる

 

 

 

 

言われちゃうって、だれに 笑

普通ってなんだ 笑

お金ってなんだ 笑(これは自分に限らずお金の概念揺らいでるのが今の時代だと思う)

 

 

変人に見えて

優等生マスターなわたしなので 笑

シーソーゲームのように

あっちとこっちを行き来して

そんな思考もする

 

 

 

 

言い換えると、

女性性の目覚めを、男性性でブレーキしているようにも感じる

 

 

感じる力や共鳴力、直感力

それを全力で解放したら、

とてつもない変化が訪れることをわかっている

 

 

 

 

だからまずは

「大丈夫だよ」てとにかく自分に言ってあげようとそう思った

 

そしてもし同じように感じているだれかがいるなら

「いい感じで悩んでるじゃん!良い兆し!」って笑って共有したい

 

 

 

 

今日も

 

太陽の光や風や

 

そこにある世界が美しくありますように

 

 

f:id:shihoko_aoki:20181120093331j:image

photo by yukio 

 

 

 

 

そのままでいい

 

 

哀しみ

 

 

深く潜るその世界へ

冷たく暗いその場所へ

 

 

上がろうとしなくていい

そこにいていい

冷たさを

震えを

味わえばいい

 

 

水の音、

肌に触れ

わたしと世界の境界が無くなるまで

 

 

 

 

わたしは

大丈夫とは言わない

 

 

 

 

ただ味わって…

そう

それでいい

 

 

f:id:shihoko_aoki:20181102185455j:image

photo by daisuke kami 

 

私は、私から、変わる。

 

 

無事、日本に帰ってきました

Thanks

 

 

土地とは不思議な力を持っていて

私はバリで別人になった気分でした

まるで夢を見てたような気分

 

バリでの私は

土地に共鳴することに集中していたようです

「視覚」もあまり使ってなかった

そして好きな「思考」も

 

使っていたのはまさに「体感」

自分自身の身体の圧倒的な存在を感じました

 

 

※産後、はじめての夜の自由な時間なのに、なんと、飲みに行かなかったのです!!!笑笑

せっかくの夜遊びのチャンスが!!笑笑

身体が共鳴に精一杯で!!

ディナーのときのビールだけでしたー(しかも最高2杯)

んー、もったいない 笑笑

 

 

 

 

『私が私の中にあり

  ただそのことに集中すると

  共鳴して

  世界が美しくなる』

 

 

それを知りました

 

 

 

 

交代で息子をみてくれた

母と前夫

わたしは「心配」ではなく「信頼」しました

 

 

そうしたら不思議なことに

息子は

普段は嫌いなお風呂も歯磨きも率先してやり、

夜泣きもほとんどなく楽しく過ごしてたようです

 

 

私が居ないことで生まれる新しい世界

信頼から生まれる豊かな世界

 

 

 

 

わたしはこれからも

もっと自分を愛したいと思いました

 

 

 

 

私は、私から、変わる。

 

 

 

 

 

f:id:shihoko_aoki:20181029115324j:image

photo by daisuke kami 

 

 

 

 

 

行ってきます!

 

これから、バリにいってきます!

 

 

母親である前に

1人の自由な人間であること

 

それを自分で自分にプレゼントをしました

そしていま

懐かしいバックパッカー風で・笑、

成田空港におります

(昔はバックパックよくしてました!)

 

 

それもこれも

わたしのわがままや突飛な考えを受け入れてくれて、

いない間に息子を面倒を見てくれる母へ

そして

いつも支えてくれるあなたへ

心から感謝です

 

 

たくさん自分自身を感じてきます!

 

f:id:shihoko_aoki:20181025082253j:image

photo by aya

世界は違うから美しくて、わたしは、空に光に、今このすべての世界に恋をしている。

 

醒める蒼

気持ちいい。

 

f:id:shihoko_aoki:20181022090017j:image

 

空の蒼と、凛とした空気と、土の匂い。

わたしはこの透き通った時間がたまらなく好きで。

そしてだから多摩から離れられないんだろうなぁと思う。

 

 

なぜ離婚したのか。

この問いとその答え、経緯は、

また機会が来たら丁寧に表現したいと思ってるけれど

 

1つ言えるのは

「場所」

がある。

 

 

かつて2人でよく話してたのが、

「アシタカとサンみたい」ということ。

お互い尊敬しているけど、

どこか棲む場所(世界)が違う、という感覚。

 

 

これはべつに悲しいことでもなく

そしてパートナー(恋愛や夫婦)だけに限らず、

世界に溢れてることだと思うし

同時にそれが美しさに繋がってる、とわたしは思う。

 

 

美しさ。

世界の美しさ。

貴方とわたし、違うから、惹かれ合う。

ずっと一緒にはいれないから、一緒にいる時が輝く。

そういう美しさ。

違うからいい。

 

 

離れて生活もしてみて、

その中でお互いに変化もあって離婚したけれど、

それを知れたわたしは、

悲しみや辛い時も含めて、味わえたことが、

そして、今こうして綴れることが、

幸せだと思う。

 

 

わたしは、

この瞬間、

すべてのこの世界に恋をしているなぁ、と感じる。

 

 

光や、空や、

土の匂いのする冷たい風。

さっきまで一緒にいた息子と、

その温もりや肌の記憶。

いま綴りながら、

過去の記憶を有する私や、

同時に光合成をするように生まれ変わる私や、

すべてに。

 

 

 

 

 

 

 

 

私を通じて、あなたの光を見たい。素直に。真っ直ぐに。

 

昨日今日と、

撮られること、の意味を考えてました。

(すぐ難しく考えるのは、

私の面倒くさいところであり、良いところです笑)

 

 

その中で、

嫉妬に似たようなものや劣等感のような、

嫌な感覚も味わいました

でもそれも味わってみました

じんわりと。

 

 

それを通じてでてきたのは、

過去の私すべてに通じてること。

それは、

私の中には

確固たる「陽だまりの泉」のようなものがある。

そしてそれは、「光」の根源になっている

 

 

この世はすべてバランスでできている。

昼と夜、

満ち潮と引き潮、

男と女、

陽と隠のそれら。

完璧なバランスで。

 

 

光を導くには

影が必要。

光を見るときには

影が自ずと同じ分でてくる。

 

 

それでも

それでも最高に輝く光をみたい。

わたしを光らせてほしいし

あなたを光らせたい。

たった一瞬の。

 

 

だから

「わたしはあなたの光に出会いたい」

 

 

f:id:shihoko_aoki:20181009093737j:image

photo by yasushi 

 

どれもすべてよい

 

どれも私で

どれもいいなと

最近すごく感じる

 

それは

仕上がった写真、

作品をみて改めて強く思う

 

 

日々を、

その瞬間を繊細に

最高に嬉しく感じるこの頃

 

 

 

それは過去のたくさんの

いろんな経験が

今を彩らせてくれてるのかなって

過去が全て愛おしいです

 

 

 

f:id:shihoko_aoki:20181006214326j:image

photo by yasushi